高齢者の眼の病気

広島市南区の生塩眼科ホーム > 高齢者の眼の病気

高齢者の眼の病気について

予防と早期発見が重要です

眼の能力は加齢とともにどうしても衰えるものです。高齢になると老眼だけでなく様々な眼の病気にかかるリスクが高くなります。特に高齢者の方の場合は、症状が出たときには病気が進行していて、治療しても視力の低下が避けられないどころか、失明につながる危険性をはらんでいます。
早期の発見と治療によって重大な視力の喪失を防ぐためには、日々の予防が大切です。疾患が無くても、定期的に眼科を受診するようにしましょう。

こんな症状はありませんか?

  • 周囲が霧がかって見える
  • 明るいところが見えにくい
  • 車のヘッドライトや街灯が非常にまぶしく感じる
  • 小さな文字が見えにくい
  • 急に眼鏡の度が合わなくなった
  • 物が歪んで見える
  • 視野がぼやける
  • 視野の中心が暗い
  • 視野が欠けているように見える
  • 見ようとしたものが見えなくなる

 
このような症状がある場合、お早めに受診してください。

老年期に注意すべき眼疾患

白内障

疾患の特徴 目の水晶体が白く濁り、周りが霧がかって見える、明るいところが見えにくい、まぶしく感じるなどの症状が表れます。
主な治療法 準備中です。

緑内障

疾患の特徴 眼圧が高い、視力が低下している、片目をつぶると見えない箇所がある、黒く見える箇所がある、などの症状がある場合、緑内障の可能性を疑います。
主な治療法 準備中です。

黄斑上膜

疾患の特徴 網膜の表面に膜が形成される病気です。その膜が厚くなったり、収縮してシワが寄ったり、中心に水が溜まったりすることで、物が歪んで見えたり、視力低下が起こったりします。
主な治療法 準備中です。

加齢黄斑変性

疾患の特徴 網膜の中心に異常が起こる病気です。加齢黄斑変性は「萎縮型」と「滲出型」の2種類があります。萎縮型は網膜の細胞と脈絡膜が徐々に死滅していくことで起こり、滲出型は新生血管が伸びてくることが原因となります。
主な治療法 準備中です。

裂孔原性網膜剥離(飛蚊症)

疾患の特徴 目の前に蚊がずっと飛んでいるように言える症状です。蚊以外に黒いスス、糸くず、輪っかなどが見えることがあり、眼を動かしてもずっとついてきます。
主な治療法 準備中です。

受付時間についてのご案内

Consultation time

 

  日・祝
9:00~12:30
15:00~17:30
※ ★土曜日のみ9:00~14:30まで受付
※ 水曜日・日曜日・祝日は休診