コンタクトレンズ・眼鏡の処方

広島市南区の生塩眼科ホーム > コンタクトレンズ・眼鏡の処方

コンタクトレンズ・眼鏡の処方について

コンタクトレンズや眼鏡は、正しく使用することで良好な視力を得ることができます。しかし度数が合っていない、使い方を間違えている場合は、視力が得られない上に、眼精疲労やひどい頭痛、肩こりなどを引き起こす可能性があります。
また、単純に視力検査で良く見えれば良い、というものでもありません。長時間のデスクワークや運転、学校の授業や部活動など、日常生活に合わせて調整することで、目の疲れは大きく変わります。
当院ではコンタクトレンズや眼鏡に関しても、装用指導・検査・診察・処方に至るまで質の高い医療を提供しています。コンタクトレンズの装脱からケアの方法まで丁寧に指導いたします。また、定期的な検査・健診をおすすめしております。

コンタクトレンズ処方までの流れ

目の検査

近視、遠視、乱視といった屈折度数、眼圧や視力を測定し、目の状態を検査します。
 

レンズの決定

検査結果をもとにレンズを決めます。この際、患者様としっかり相談の上でレンズの種類を決めるようにしています。
ご要望あれば遠慮なくお申し付けください。
 

レンズの装用

コンタクトレンズが初めての方は、装用練習(レンズを着けたり外したりする練習)を行います。
レンズを装着した状態でフィッティングを確認し、視力検査を実施します。
 

レンズの処方

決定したコンタクトレンズを処方いたします。
※当院では処方箋のみの発行は行っておりません。
※再診で現在お使いのレンズと同じものをご希望の場合は、コンタクトレンズを装着したまま検査のみを行います。
 

定期的な検査をおすすめしています

コンタクトレンズは目にとっては異物です。適切なコンタクトレンズを装用し、正しいケアを行わないと、傷や感染症などの生涯を起こしやすくなります。
コンタクトレンズを使用している方には、特別な自覚症状が無くても眼科での定期的な検査を受けるようお勧めしています。

コンタクトレンズを使用するときは眼科専門医の定期検診を受けましょう。

眼鏡処方までの流れ

目の検査

他覚的屈折検査で近視、遠視、乱視といった屈折度数を自動測定します。
子どもの場合には特殊な点眼を必要とするケースがあり、この場合は後日改めて対応、となるケースがございます。
 

度数決定

患者様のライフスタイルや使用目的などを伺いながら、度数を決定していきます。
ご要望あれば遠慮なくお申し付けください。
 

装用テスト

レンズが合うかどうかを試す試用眼鏡を、少なくても10分程度は装用した状態で試します。
 

処方箋発行

お好きな眼鏡店へ処方箋をお持ちください。

受付時間についてのご案内

Consultation time

 

  日・祝
9:00~12:30
15:00~17:30
※ ★土曜日のみ9:00~14:30まで受付
※ 水曜日・日曜日・祝日は休診