お子様の眼の病気

広島市南区の生塩眼科ホーム > お子様の眼の病気

お子様の眼の病気について

お子様の眼の病気は早期発見が大切です

小さな子どもの眼の病気は予防することが困難で、いかに早期に発見できるかが重要です。特に乳幼児期のお子様は症状を訴えないことが多いので、保護者の方が知識を深め、注意を払うことが大切です。
異常に気付いたときはもちろん、ちょっと気になることがあったら、早めに眼科を受診しましょう。
また、当院は医療連携を密に行っております。難病、重症疾患の方に対しては適切な専門医を紹介いたします。

お子様の眼の病気は早期発見が大切です

こんな症状はありませんか?

  • 片方の目が目標と違う方向を向いている
  • 片方の目の位置が上下左右にずれている
  • 物を見るとき、目を細めていることがある
  • 物を見るとき、いつも頭を傾けて見ている
  • 物を見るのに、とても目を近づけて見ている
  • 物がぼやけて見える、二重に見える、と訴える
  • 絵本を読んでも根気が無く飽きっぽい
  • 明るい屋外へ出ると極端にまぶしそうにし、目を細め、片目を強くつぶる
  • 学校の検診でB以下(1.0未満)の結果が出た

 
このような症状がある場合、お早めに受診してください。

赤ちゃんに注意すべき眼疾患

先天性鼻涙管閉塞症

疾患の特徴 生後6~8週間すると涙が分泌され始めます。涙の下水管である鼻涙管(目頭から鼻までにある涙の通路)が生まれながらに狭くなっていると、目ヤニや涙がたくさん出てしまう病気です。
主な治療法 多くのお子様は半年くらいまでに自然治癒することが多いため、点眼による経過観察をします。改善しない場合は、特殊な針金(ブジー)を入れて狭くなっている部分を拡張する治療を施します。

先天白内障

疾患の特徴 何らかの影響で、目の中にある水晶体が生まれつき白く濁っている病気です。白濁は部分的である場合もあり、個人差があります。
主な治療法 必要に応じて手術等が施行されます。

網膜芽細胞腫

疾患の特徴 網膜に発生する悪性腫瘍です。初期症状が無く、多くの場合は腫瘍が大きくなってから発見されます。フラッシュをたいて写真を撮った際、片眼だけ「赤目」になる、瞳孔の中に白く光る部分がある、斜視が起こる、などから気づかれることもあります。一般的に3歳未満に起こります。
主な治療法 精密な検査を行い、手術等が施行されます。

斜視(乳児内斜視)

疾患の特徴 片方の眼が内側にずれる病気です。生後6ヶ月以内に発症し、日によって右目がずれたり左目がずれたりすることもありますが、ずれる目が固定するとずれた目の像は抑制されるため、その目の視力は成長せず「弱視」に陥りまので、早めの治療が必要です。
主な治療法 基本、手術が必要ですが、詳しい検査、経過観察が必要です。

幼少期に注意すべき眼疾患

内斜視

疾患の特徴 両眼の視線が同じ目標を見ず、片眼だけより内側の方向を向いている状態です。左右で視線が異なるため、左右違った像が映っていますが、邪魔な目の像には抑制が働き見ていないことになります。そのため、視力は発達せず「弱視」の状態に陥ります。
主な治療法 散瞳剤を使って精密屈折検査を行い強い遠視の場合眼鏡を掛けることで内斜視が矯正出来ることもありますが、基本的には手術が施行されます。

 遠視・乱視

疾患の特徴 目の屈折異常で発症する病気です。幼児期に特に注意したいのは遠視です。3歳児健診で判明することが多いのですが、検査に不慣れなお子様の場合は見逃されてしまうことも少なくありません。遠視が強いと視力が発達せず、弱視になったり、目が疲れやすくなり、集中力の低下や落ち着きがないなどの症状も起こりえます。
主な治療法 散瞳剤を使って精密屈折検査を行い、そのデータを基に眼鏡処方を行い、眼鏡の装用を第一の選択としますが、左右の度数の差が大きい場合はハードコンタクトレンズでの矯正が必要となります。屈折の度数も成長とともに変わるため、定期的な検査を行い、弱視の予防を図ります。

学童期に注意すべき眼疾患

近視・遠視・乱視

疾患の特徴 視力低下の原因は近視・遠視・乱視などによる屈折異常によるものが多いです。学校の検診でB以下の評価をされた場合には、診察を受けましょう。
主な治療法 眼鏡を装用し矯正することで良い視力を得ることができます。小さいうちから眼鏡はかわいそう、と仰る保護者様もいらっしゃいますが、見えにくい状態で生活を送ることの方がかわいそうとお考えください。

心因性視力障害

疾患の特徴 様々な検査のデータとご本人様の自覚所見が大きく食い違う場合に、この病気が考えられます。
学校生活や家庭内での問題で心のわだかまりが原因と考えられます。
主な治療法 ストレスの軽減が根本となりますが、親御様としっかりお話して治療につなげることが大切と思われます。

アレルギー性結膜炎

疾患の特徴 アレルギー反応により、眼の充血やかゆみが起こる病気です。その中でも春季カタルは学童期から思春期にかけて見られる病気で、激しい眼のかゆみや白い糸状の目ヤニがたくさん出ます。
主な治療法 かゆみを抑える点眼薬、目ヤニを抑える点眼薬に加えステロイド剤の点眼薬を症状に合わせて使います。朝起きたときにまぶたが腫れる場合はかゆみを抑える内服薬も使います。特に、春季カタルの症状が強い場合は最近「免疫抑制剤の点眼薬」も使われます。
また、痒くて目をこすると「麦粒腫(めぼ・目いぼ・目ばちこ)」になりますのでかゆみを抑えることは大切です。

眼感染症

疾患の特徴  目が赤くなったり、目ヤニなど眼に症状が出る感染症です。
主な治療法 点眼薬で治療します。家族や周りの人にうつさないことも大切です。

色覚特性

疾患の特徴 色を見分ける色覚の特性が偏った状態です。他人に指摘されたり、検査を受けない限り、自覚することができません。
主な治療法 持って生まれた色覚の特性ですので治療の必要はありません。
ただし、職業によっては、色覚の特性に基準を設けている場合があったり、色彩感覚のズレが仕事現場で支障を来す場合もあり、自分の色覚の特性を知っておくことは大切です。

網膜色素変性症

疾患の特徴 遺伝により網膜が障害される病気です。症状としては、暗いところで見えにくくなる、視野が狭くなる、視力が低下していくなどがあり、少しずつ進行します。
主な治療法 現在のところ特効薬等の治療法はありません。

受付時間についてのご案内

Consultation time

 

  日・祝
9:00~12:30
15:00~17:30
※ ★土曜日のみ9:00~14:30まで受付
※ 水曜日・日曜日・祝日は休診