眼の病気の早期発見に
コンタクトレンズのトラブル防止に

定期検診を受けましょう

眼の健康維持に、
眼科の定期検診はとても大切です

 
いま、眼に異常を感じていなくても、眼科で検診を受けることで、
眼の病気や障害が発見される場合があります。
コンタクトレンズを正しく使っているつもりでも、
ご自身の視力の変化や、カーブが合わなくなってきた、レンズにキズや変形が生じた、
汚れが付着していたなどで、眼に悪い影響を与えている場合があります。
眼科専門医と定期的なコミュニケーションを通して、

特にこのような方は
定期検診を受けましょう

  • コンタクトレンズを使用している
  • コンタクトレンズはネットで安く買っている
  • 毎日、パソコンやスマホと向き合っている
  • 40歳になるまで眼の病気にかかったことがない
  • 40歳を過ぎ、そろそろ眼の衰えが心配に
  • もう1年近く眼科に通っていない
  • 眼科健診で視力が低下していると言われた
  • 正直な気持ち、眼科は苦手だから行きたくない

 

このような方は定期検診を受けましょう

眼科の定期検診でできること

カウンセリング

日々の生活の中で気になることはないか、丁寧にカウンセリングさせて頂きます。
目やコンタクトに関すること以外でも、気になることがあればお気軽にご相談ください。

視力検査

検診の中でも基本的かつ重要な検査になります。
視力を測るとともに、コンタクトレンズの度数と視力が合っているか、乱視や老眼が入っているかなどをチェックして最適な度数を確認します。

眼圧検査

眼球は、房水という液体によって圧力が保たれています。その眼球の内圧を測定し、視野が狭くなって失明の可能性のある緑内障の有無を調べます。

眼底検査

眼底検査は、眼球の奥にある血管・網膜・視神経を調べる検査です。 緑内障、網膜色素変性症、黄斑変性症など眼の病気の診断の他、高血圧や動脈硬化、糖尿病性の程度など全身の病気も推定できます。

角膜内皮細胞検査

眼球は、房水という液体によって圧力が保たれています。その眼球の内圧を測定し、視野が狭くなって失明の可能性のある緑内障の有無を調べます。

フィッティング・コンタクトレンズの検査

眼底検査は、眼球の奥にある血管・網膜・視神経を調べる検査です。 緑内障、網膜色素変性症、黄斑変性症など眼の病気の診断の他、高血圧や動脈硬化、糖尿病性の程度など全身の病気も推定できます。

この他にも、検診で何らかの異常が発見された場合には、必要に応じた検査・治療を行います。

眼科の定期検診のために、
かかりつけ医を持ちましょう

病気になった時、健康に不安がある時、ちょっと聞きたいことがある時、真っ先に気軽に何でも相談できる関係にあるお医者さん。それが「かかりつけ医」です。
眼科の「かかりつけ医」を見つけることは、ご自身やご家族の目の健康維持や適切な医療を受けるためにも、大変重要なことになります。大きな病院や、色々な病院を巡る前に、まずは「かかりつけ医」と相談して、より効果の高い治療へとつなげましょう。

眼科のかかりつけ医を持つ
4つのメリット

医師が患者様のことをよく知ることで、適切な治療と予防に繋がります。

かかりつけ医の医師からすると、「この病気にかかりやすい」「この基礎疾患があるから注意しないといけない」ということがわかるようになります。眼科で例えると、近視のお子様であれば、どの程度の近視なのか、これからの成長に伴い視力がどう変化するか、等のようなことがこれまで経験や診察歴からある程度予測できるようになります。
このように適切な治療が受けられるようになることはもちろんのこと、普段の生活で注意することなども聞けるようになり、病気の予防に繋がります。
 

病気の重い軽いに関わらず、適切なアドバイスを受けられます。

患者様にとって必要な治療の情報提供はもちろんのこと、かかりつけ医では検査できないもの、重い病気、特殊な病気等で高度な医療が必要とされる時には、連携している大きな病院や特定機能病院などを紹介してくれ、患者様に必要な治療・検査を行うことが可能となります。
疾患によっては内科や神経科との連携も必要となるため、他科への紹介も可能です。症状が複数出ていてどの科にかかれば良いのかわからない、といった場合でも気軽に相談できるのがかかりつけ医です。

患者様だけでなくご家族にも配慮・理解した治療を受けられます。

ご家族全員で一つのかかりつけ医を受診することで、遺伝の可能性に気付きやすい、家庭内での感染の状況が詳しくわかるなど、より良い治療が可能となります。またご家庭での生活習慣も把握した上で治療に当たれるので、日常生活に考慮したアドバイスも可能となります。
 

お子様が病院を嫌がりにくくなります。

通院というのは一般的に気持ちの良いものではありません。特に小さなお子様にとってはいつもと違う環境で緊張しますし、自分の体に何をされるかわからず怖がってしまいます。
かかりつけ医を持つことで、知っているお医者さんに診てもらう環境ができ、病院側もお子様の性格や特徴がわかるため、適した治療の提供が可能となります。こうしたことの積み重ねで、お子様は病院に慣れて嫌がりにくくなります。

眼科のかかりつけ医には
生塩眼科をおすすめします

広島県広島市出汐にある眼科医「生塩眼科」は、昭和27年に広島市に開業。以来、代々にわたり眼科医として地域のかかりつけ医として、皆様の目の健康に携わって参りました。代々にわたり通って通って下さっている患者様も増えて参りました。
当院では患者様とのコミュニケーションを第一に考え、みなさまの立場にたってお悩みを詳しくお聞きし、治療・処方を行います。治療や健康維持は、何よりも医院と患者様との信頼関係が大切です。ですので患者様に対しては、親切な対応を心掛けることを、スタッフ一同で気持ちを一つに共有しております。

受付時間についてのご案内

Consultation time

 

  日・祝
9:00~12:30
15:00~17:30
※ ★土曜日のみ9:00~14:30まで受付
※ 水曜日・日曜日・祝日は休診