大人の眼の病気

広島市南区の生塩眼科ホーム > 大人の眼の病気

大人の眼の病気について

いつもと違う、そんなときはお早目の通院を

パソコンやスマートフォンを使用する機会が増え、生活は便利になった反面、眼にかかる負担は以前よりも格段に大きくなってきた現代。まさに現代病ともいえる「眼精疲労」によって、眼だけではなく全身に疲れを感じるようになり、簡単には回復しなくなった方が増えています。
いつもとは違う、だけど単なる疲れ目だろう、休めば治るだろう、と安易に判断せず、早めに眼科を受診されることをおすすめします。その眼の疲れ、大きな病気のサインかも知れませんから。

大人の眼の病気について

こんな症状はありませんか?

  • 目が疲れる
  • 目が重い、熱い、異物感があるなど
  • 充血する頻度が増えた
  • 視力が低下してきた
  • 視界に黒いススのようなものがいくつも見える
  • 目を動かしても黒いススが視界にある
  • 視界が濁ったり歪んで見える
  • 視界に黒いカーテンのようなものが見える
  • 突然、視力が低下した

 
このような症状がある場合、お早めに受診してください。

青年期に注意すべき眼疾患

飛蚊症、網膜剥離裂孔、裂孔原性網膜剥離

疾患の特徴 目の前に蚊がずっと飛んでいるように言える症状です。蚊以外に黒いスス、糸くず、輪っかなどが見えることがあり、眼を動かしてもずっとついてきます。
主な治療法 水晶体(レンズ)と網膜の間は硝子体と喚ばれ「卵の白身」ようなとろっとしたヒアルロン酸の液体が充満しています。年齢と共にそのヒアルロン酸が凝集・析出・結晶化し、膜状・紐状・棒状のかたまりが作られ、硝子体の分離が始まります。このヒアルロン酸のかたまりが飛蚊症の原因物質です。つまり、飛蚊症はだれにでも起こる一種の加齢変化で治療の対象ではありません。
ただし、ヒアルロン酸が網膜に強く癒着していた場合、網膜を引っ張り破ってしまうことがあります。これが網膜剥離裂孔です。
また、更に進むと硝子体から分離した水が網膜の破れから網膜下に侵入し網膜を剥がしてしまいます。これが裂孔原性網膜剥離です。
飛蚊症は治療の対象ではありませんが、網膜剥離裂孔、裂孔原性網膜剥離は早く治療しないと失明に至ります。飛蚊症を感じたら、早めに眼科を受診して検査を受けましょう。また、精密検査のため帰りの車の運転は出来なくなることがありますので、自身での運転、受診はお控え下さい。

コンタクトレンズによる眼疾患

疾患の特徴 コンタクトレンズの誤った使い方により引き起こされる病気です。角膜の細胞が酸欠に陥ったり、眼の表面が傷ついたり、その傷で細菌が繁殖したりすることで引き起こされます。
主な治療法 角膜細胞保護のため酸素透過性の高いレンズを選ぶことが大切です。コンタクトレンズを長年ご使用の方は角膜内皮細胞のチェックを受けましょう。
角膜に傷を生じた場合、ハードコンタクトレンズの方は痛くて使用できませんが、ソフトコンタクトレンズの方は使用するとむしろ痛みは軽減します。傷にバンドエイドを貼った時を思い浮かべて下さい。傷がある目にソフトコンタクトレンズを入れると傷でばい菌が増殖して角膜を溶かして虫歯のように穴を開けます。角膜の厚さは0.5mmしかありませんから大変です。
ソフトコンタクトレンズの方は、少しでも変わった症状を自覚したらコンタクトレンズは使わないで、早めに眼科を受診しましょう。

円錐角膜

疾患の特徴 角膜の中央部分の厚みが薄くなり、角膜が前に円錐状に突出する病気です。これにより角膜の歪みが生じるため、乱視を引き起こし視力が低下します。
主な治療法 初期にはハードコンタクトレンズで対応致します。

壮年期に注意すべき眼疾患

老視(老眼)

疾患の特徴 加齢により眼の水晶体が硬くなって調整力が弱まりピントを合わせることが難しくなり、近くのものが見えにくくなる症状を言います。一般的に老眼と耳にしますが、正しくは老視と言います。高齢者の病気と思われがちですが、若い頃は目に自信があった方はおおよそ40代で眼の老化は始まる、とされています。
主な治療法 メガネ合わせを行い眼鏡処方箋を発行します。何を見るためのメガネか、何センチ先が見たいのか、パソコンと言ってもデスクトップ、ラップトップ、タブレットなのか等、使用目的や使い方がはっきりしていないと良いメガネ、ご納得頂くメガネは出来ません。しっかりその点をお知らせ下さい。

中心性網脈絡膜症(変視症)

疾患の特徴 光を感じる神経の膜の中心部に水が溜まり、物が歪んで見えたり、中心が暗く見えたりなど、視野の中央で見え方に異常が起こる病気です。特に30代から40代の働き盛りの男性に多く発症します。
主な治療法 原因はストレスと言われています。ストレス発散も大切です。
内服治療やレーザー治療が施されます。

眼精疲労・閃輝暗点・片頭痛

疾患の特徴 目の疲れや肩こりから視野に変なギラギラする光や閃光、揺らぐ火の玉、線香花火、
主な治療法 準備中です。

緑内障

疾患の特徴 眼圧が高い、視力が低下している、片目をつぶると見えない箇所がある、黒く見える箇所がある、などの症状がある場合、緑内障の可能性を疑います。
主な治療法 準備中です。

高血圧・動脈硬化による眼合併症

疾患の特徴 高血圧症・動脈硬化があると、眼の網膜の動脈にも影響が出て、網膜静脈閉塞症や網膜動脈閉塞症などの重篤な視力低下をきたす病気の発症につながります。いずれも緊急性の高い疾患ですので早期の発見と治療が重要です。
主な治療法 準備中です。

糖尿病網膜症

疾患の特徴 糖尿病の三大合併症の一つとして上げられます。自覚症状が乏しく、気づかないまま失明につながる危険性が高い、大変厄介な病気です。眼に症状が出ていなくても糖尿病の方は定期的な眼科受診を心がけてください。
主な治療法 準備中です。

眼神経麻痺(複視)

疾患の特徴 眼の神経が麻痺すると両眼の視線が一致しなくなり、物が二つに見える複視が起こります。複視の原因は様々ですが、脳動脈瘤や糖尿病による血行障害、脳内の血管障害などが原因の場合には、特に注意が必要です。
主な治療法 準備中です。

裂孔原性網膜剥離(飛蚊症)

疾患の特徴 眼の神経が麻痺すると両眼の視線が一致しなくなり、物が二つに見える複視が起こります。複視の原因は様々ですが、脳動脈瘤や糖尿病による血行障害、脳内の血管障害などが原因の場合には、特に注意が必要です。
主な治療法 準備中です。

甲状腺眼症

疾患の特徴 甲状腺の働きが異常に盛んとなる病気で、まぶたが腫れたりつりあがる、眼が充血したり奥が痛む、眼が突出するなどの症状がみられます。その代表がバセドウ病です。
主な治療法 準備中です。

受付時間についてのご案内

Consultation time

 

  日・祝
9:00~12:30
15:00~17:30
※ ★土曜日のみ9:00~14:30まで受付
※ 水曜日・日曜日・祝日は休診